厚生労働省 静岡労働局

 

 

(写真提供:静岡県観光協会)

ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 法令・制度 > ノロウイルスによる感染性胃腸炎の感染制御対策等について

ノロウイルスによる感染性胃腸炎の感染制御対策等について

 

感染性胃腸炎の患者発生は、例年、12月中旬頃にピークとなる傾向があり、この時期に発生する感染性胃腸炎の集団発生例の多くはノロウイルスによるものであると推測されています(※1)。

事業場において、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が発生した場合には、感染した者の糞便・吐物から他の労働者への二次感染が想定されることから、ノロウイルスに関する基礎知識や感染予防等についてまとめた「ノロウイルスに関するQ&A」(※2)や「ノロウイルス等の食中毒予防のための適切な手洗い」(※3を参考に、糞便・吐物の適切な処理、手洗い等の衛生管理に努めてください。

 

 関連サイト

 

      のろういるす図.png 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 054-254-6314

このページのトップに戻る

労働基準部のページ.png 職業安定部のページ.png 雇用環境・均等室.png   静岡労働局メールマガジン

静岡労働局 〒420-8639 静岡市葵区追手町9番50号 静岡地方合同庁舎 3階、5階

Copyright(c)2000-2011 Shizuoka Labor Bureau.All rights reserved.