厚生労働省 静岡労働局

 

 

(写真提供:静岡県観光協会)

ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 法令・制度 > 化学物質等の表示及びリスクアセスメントに係る関係政省令、指針等の制定について

化学物質等の表示及びリスクアセスメントに係る関係政省令、指針等の制定について

 平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、人に対する一定の危険性又は有害性が明らかになっている化学物質等について、事業者及び労働者がその危険性又は有害性を認識し、事業者がリスクに基づく必要な措置を検討・実施する仕組み(リスクアセスメント)が義務化されました。

 また、平成27年6月10日に公布された労働安全衛生法施行令及び厚生労働省組織令の一部を改正する政令により、化学物質等の譲渡又は提供時の名称等表示義務の対象物質がこれまでの107の化学物質等から、労働安全衛生法施行令別表第9に掲げる640の化学物質等に拡大されました。 

 いずれも、施行日は平成28年6月 1日です。     政令、通達等: 厚生労働省ホームページへ

 

 これにより、当該640の化学物質については、

 1 譲渡又は提供する際における容器又は包装へのラベル表示(640物質に拡充。)

 2 安全データシート(SDS)の交付(現在も義務付けられています。)

 3 化学物質等を取り扱う際のリスクアセスメント

の3つの対策を講じていくことが必要となります。

 

平成29年3月1日からラベル表示・SDS交付・リスクアセスメントの対象に27物質が追加されます NEW!

 

パンフレット等 

平成28年度厚生労働省委託事業「ラベル・SDS活用促進事業」のご案内

厚生労働省では、化学物質による労働者の健康障害を防止するため、職場で化学物質を使用する際に実施することが求められるリスクアセスメント等、適正な化学物質管理に向けた取組について、技術的な支援を受けることができる次の事業を委託事業として実施していますのでご活用ください。

 

  • 化学物質管理に関する無料相談窓口 
    GHS対応ラベル・SDS、リスクアセスメントなどのご質問にお答えします。
    ご案内のリーフレット(237KB; PDFファイル) 

  • 「化学物質のリスクアセスメント」訪問支援
    中小企業の事業場を専門家が訪問します。
    ご案内のリーフレット(180KB; PDFファイル) 

  • セミナー開催(終了)

委託先事務局

テクノヒル株式会社 化学物質管理部門

東京都中央区日本橋蛎殻町2-5-3 サンホリベビル4F

ホームページ 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 054-254-6314

このページのトップに戻る

労働基準部のページ.png 職業安定部のページ.png 雇用環境・均等室.png   静岡労働局メールマガジン

静岡労働局 〒420-8639 静岡市葵区追手町9番50号 静岡地方合同庁舎 3階、5階

Copyright(c)2000-2011 Shizuoka Labor Bureau.All rights reserved.