厚生労働省 静岡労働局

 

 

(写真提供:静岡県観光協会)

ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 雇用均等関係 > 法令・制度 > 労働時間等見直しガイドライン














労働時間等見直しガイドライン



 

労働時間等の設定の改善

「労働時間等の設定の改善に関する特別措置法」は平成18年4月1日から施行され、法律に基づいて「労働時間等設定改善指針」が定められていますが、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」を積極的に推進するため、平成20年3月24日に通称「労働時間等見直しガイドライン」として改正されました。

「労働時間等見直しガイドライン」のポイント

☆ 基本的な考え方

  1. 労働時間等の設定の改善を含めた仕事と生活の調和の実現に向けた取組は、
    少子化の流れを変え、人口減少下でも多様な人材が仕事に就けるように し、我が国の社会を持続可能で確かなものとするために必要な取組であるとともに、
    企業の活力や競争力の源泉である有能な人材の確保・育成・定着の可能性を高める ものです。
  2. 労働時間等の設定の改善を図ることは、労働者にとって好ましいのみならず
    企業活動の担い手である労働者が心身共に充実した状態で意欲と能力を十分に発揮できるようにし、企業経営の効率化と活性化、国民経済の健全な発展にも資するものであり、
    企業にとっては、「コスト」としてではなく、「明日への投資」として積極的にとらえていく必要 があります。
  3. 経営者自らが主導して 、職場風土改革のための意識改革等に努めることが重要です。
  4. 「仕事と生活の調和推進のための行動指針」で定められた社会全体の目標の内容も踏まえ、各企業の実情に応じて仕事と生活の調和の実現に向けて計画的に取り組むことが必要です。
    (社会全体の目標値)
    ○ 週労働時間60時間以上の雇用者の割合→10年後(2017年)に半減
    ○ 年次有給休暇取得率→10年後(2017年)に完全取得 など

☆ 事業主が取り組むべき一般的な事項

  1. 労使間の話合いの機会を整備しましょう。
    • 労働時間等の見直しを図るためには、それぞれの労働者の抱える事情や企業経営の実態を踏まえ、企業内において労使の自主的な話合いが行われることが重要です。
    • (具体的な取組例)
      ○ 労働時間等設定改善委員会の設置、開催 など
  2. 年次有給休暇を取得しやすい環境を整備しましょう。
    • 年次有給休暇の取得は、労働者の健康と生活に役立つのみならず、労働者の勤労意欲の回復、生産性の向上など企業にとっても大きな意味を持つものです。
    • (具体的な取組例)
      ○ 取得の呼びかけ等による取得しやすい雰囲気づくり
      ○ 計画的な年次有給休暇の付与 など
  3. 所定外労働を削減しましょう。
    • 事業主は、労働者の健康で充実した生活のため、所定外労働の削減を図ることが重要です。
    • (具体的な取組例)
      ○ 「ノー残業デー」、「ノー残業ウィーク」の導入・拡充
      ○ 長時間労働の抑制(長時間労働が恒常的なものにならないようにする等) など

☆ 特に配慮が必要な労働者

  1. 特に健康の保持に努める必要があると認められる労働者
    (具体的な取組例)
    ○ 健康診断や面接指導の結果に基づいた医師の意見を踏まえ、必要がある場合には、労働時間の短縮、深夜業の回数の減少など労働者の健康に配慮した労働時間等の設定を行いましょう。
    ○ 労働者の健康を守る予防策として、メンタルヘルスケアの実施とあわせ、疲労を蓄積させない又は疲労を軽減させるような労働時間等の設定を行いましょう。
  2. 育児・介護を行っている労働者
    (具体的な取組例)
    ○ 育児休業、介護休業、子の看護休暇、時間外労働の制限、深夜業の制限、短時間勤務制度の導入などにより、労働時間等の設定の改善を行うとともに、その内容を労働者に積極的に周知するなど制度を利用しやすい環境を整備しましょう。
    ○ 特に、子どもの出生時における父親の休暇制度の整備や男性の育児休業の取得促進等、男性が育児等に参加しやすい環境づくりに努めましょう。
  3. 単身赴任中の労働者
    (具体的な取組例)
    ○ 単身赴任者の場合、休日は家族の元に戻って、共に過ごすことが極めて重要であるため、休日の前日の終業時刻の繰り上げや休日の翌日の始業時刻の繰り下げを行いましょう。

    (詳しくはこちらへ)

 


このページのトップに戻る

労働基準部のページ.png 職業安定部のページ.png 雇用環境・均等室.png   静岡労働局メールマガジン

静岡労働局 〒420-8639 静岡市葵区追手町9番50号 静岡地方合同庁舎 3階、5階

Copyright(c)2000-2011 Shizuoka Labor Bureau.All rights reserved.